無視した

ママ友を仲間外れにした体験談

ママ友を仲間はずれにした体験談をまとめましたので参考にしてください。

 

仲間はずれにするしかなかった困ったママ友

 娘が幼稚園に入園したてのころ、同じクラスに妙に親しげに話しかけてくるお母さんがいました。そのテンションの高さに違和感を覚えながらも、うちは引っ越してきたばかりで知らない人ばかりだったので、お迎えのたびに話すようになっていました。

 

とても社交的な人で、ほかにも浮いているお母さんがいるとどんどん話しかけ、慣れないお母さん同士の交流の輪が、少しずつ広がっていきました。
一学期も中盤に入ると、私たちのグループは5~6人くらいで定着してきて、一緒にお茶をしたり、お互いの家へ遊びに行くことも増えてきました。そんなころ、その積極的なお母さんが、「うちでお料理教室をやるから来ない?無料だよ」と誘ってきたのです。

 





「どんなお料理?」と訊くと、「体にいいものを使った料理」などといって、詳しいことは言いません。でも断る理由もないので、みんなで参加することにしました。
当日お邪魔してびっくりしたのが、講師とおぼしき人がすでに3人もいたことです。そして料理に使われる材料が、マルチ商法で有名な健康食品でした。当然、料理教室が終わると勧誘の嵐。講師と思った人たちは、その本部の人たちだったのです。よその家でプロに囲まれて勧誘されたのでは、逃げられるはずもありません。私たちは1品ずつ買わされ、やっと開放されました。

 

それからというもの、彼女が近寄って来たらみんなで逃げ、お迎えも示し合わせてギリギリに行くようになりました。彼女といえば、そういうことに慣れているのか、はじめこそ「どうしたの?」なんて言いながら追いかけてきたのですが、すぐにあきらめて次のターゲットに話しかけるようになっていました。

 

でも、カモにされては可哀相なので、その相手に事情を話して仲間に入れ、を繰り返し、結局そのお母さんはクラスの仲間はずれ状態になっていきました。

 

ポツンと浮いた彼女を見ると気の毒には思うものの、ママ友相手にものを売りつけるような人は自業自得です。もうあんな恐怖の料理教室はコリゴリですから。

 




お金を貸してほしいと言われた

 仲間はずれをしたきっかけは、お金を貸してほしいと言い出したからです。以前から嫌なうわさがありましたが、最初はそんな感じはありませんでした。一緒にいて話をして楽しかったのですが、徐々にお金の話をするようになってきました。最終的には、事業を始めるので数十万円のお金が必要だと迫ってきました。

 

本当に怖くなり他のママ友にも相談をしました。みんな巻き込まれたくないから、付き合わないようにするということになりました。
お金の話をしなければ、一緒にいて楽しく優しい人です。でも、車に乗せてくれたら、ガソリンがないけど入れるお金がないから入れてほしいと言われました。

 

シングルマザーで、子供を2人育てていましたが、明後日手当てが入るがそれまでご飯を買うお金がないと言われて、貸したこともありました。私の中では、限界でした。
仲間はずれの対象になりそうな人は、周りのみんなの輪を乱そうとする人です。原因がなければ仲間はずれにはなりません。





積もり積もってさようなら

 0~3歳児を持つお母さん方(6人程)とグループを作りました。近場にある大型の公園に行ったり食事をしたりしていましたが、メンバーの中に唯一双子ちゃんのママがいてそのママがはっきり言って面倒くさい。
兄弟持ちとも年子とも違って双子の育児は大変だと思いますし、赤ちゃん連れや妊婦さんより双子ちゃんを優先して場所を決めたりしていました。
しかし皆が優しく、譲ってくれるのを良い事に少しずつ我儘になっていきました。
〇〇に行こうと誰かが言います、するとお兄ちゃんがアレルギーだから行けないです。じゃあ●●はどうだろう?弟がアレルギーだから…と、後出して断る上、代案を出さない。それだけならじゃあ今回は残念だね!で済むのですが、このお母さんは行けない時にグループでいいなぁ、うちは双子だから…と悲愴モード全開になります。
なので双子ママが参加出来無い時は出掛けない雰囲気になりました(個別で誘ったりして遊びはします)とあるお母さんが二人目妊娠中で、同じくらい年の離れた兄妹を持つ私と色々話をしていると、話に参加。性別も同じだったのでお下がりの話をしたり、兄妹だとこうだよー、と盛り上がって話しているのに双子だから兄妹とは違うけど二人は大変だよねとちょっと空気を読めず話し始めました。
そういう事が積み重なった結果、双子ちゃんママは予定もあいにくいしお誘いは控えようと言う話になって別のグループを作りました。
ママ友は、皆さん子育てをしています。一人、二人、三人、子供の人数は違っても苦楽は分かっています。だから譲り合ったり助けあったりします。
それを忘れて自分一人大変、みたいな顔をしていれば自然と人は離れていきますし、無視される対象になっても仕方ないと思います。

集団意識の怖さから

 幼稚園で同じクラスになり、近所でもあるママ友と知り合いになりました。自分の話が多いのと、なんかしつこい感じの人だな、と思ったのですが、子供同士が仲良くしていたので数か月ほど付き合いを続けていました。そのママ友をAさんとします。

幼稚園のクラスのママ達の雰囲気は、仲良しで仲間意識が強かったです。幼稚園の行事や、園以外でもクラスで集まる機会が多く、皆仲良くなっていきました。
クラスの中心的なママがいて、皆で集まる機会もその人が企画することが多かったです。

ある時、その中心ママさんからの誘いのメンバーにAさんが入ってないことに気が付きました。
それで、Aさんも誘おう、私が声をかけようか?と提案したところ、「いい!声かけなくっていい!」とハッキリ言われました。
私の方も薄々、クラスの他のママ友とAさんが一緒にいるところを見たことがなかったので変だと思っていました。
何故誘わないのか聞いたところ、Aさんは変わっていて友達がいなくてしつこいから、ターゲットにされる前に早く離れた方が良いとのことでした。

そこまでハッキリ言われてようやく気が付き、Aさんとは少し距離を置いた方が良いと、自分の身の安全を考えてしまいました。
クラスのママ友の団結力が強かったので、自分もAさんと同じだと思われたくなかったのです。

それから、Aさんからメールが来ても、時間をおいて返信しました。しかし、返信すると直後にメールが来ました。その内容も「~ですか?」と短い一文の質問文なのです。今こちらは送信したばかりなので、その質問文に答える時間はあるわけです。仕方がないので、返信すると、また質問文です。
中心的なママが言っていた通り、しつこさに怖くなり、メールも無視してしまいました。
その後も私が離れて行くことを感じてか、園の帰りに待ち伏せしていたり、やたらと近づいてきましたが、だんだん距離を置くように無視してしまいました。

やはりママ友関係は、集団意識が強いので、皆の間で悪い評判の人は無視されやすいです。
私の場合のきっかけも、Aさんの皆の評価の悪さで、自分も一緒に評価されたらと思うと怖かったからです。

 

 

XGC 

関連記事

  1. ママ友へ仕返ししたい
  2. ママ友に無視される理由は?体験談から学ぶ&対処法を紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP