menu
閉じる
  1. ママ友に無視される理由は?体験談から学ぶ&対処法を紹介
  2. 図々しいママ友への対処法2選と縁切り方法2選
  3. AYAトレキットが発売しました!
閉じる
閉じる
  1. AYAトレキットが発売しました!
  2. セックスレス夫婦の実態
  3. ココナッツオイルは料理に使う以外に美容面でも様々に使えます。
  4. 断捨離ついでに節約!
  5. 節約は計画的に、アプリもオススメ
  6. キャベツを長持ちさせる保存方法
  7. にんじんを長持ちさせる保存方法
  8. ココナッツオイルの懐かしい味
  9. 太陽光発電を導入した人の声
  10. 太陽光発電について
閉じる

ママ友お悩み相談所

太陽光発電を導入した人の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家計の役に立つようにしましょう。

太陽光発電を取り入れることでの一番大きなメリットは、売電することが出来るということです。

それに加えて大きなメリットは、電気代が基本的には安くなるというこです。

その二つが今は一番大きなメリットになりますが、これからは確実に売電価格が下がってきますので、価値観を切り替えていく必要があるのです。

ローンを組むことで、自分のお金を支払うことがないともメリットとして考えられますね。

2015年4月から電気料金が値上げになりましたが、その点で言うと太陽光発電事態は、かなりの損になりました。

利益だった部分が安くならないで、設置に使ったローンの部分だけは、ずっと残った状態だというのです。

どんあ場面でも支払い金額が上がるというのは死活問題ではないかと思います。

太陽光発電システムには電気代金だけの問題ではなく、設置することによって、夏の日差しを遮るという利点もあります。

一括で支払いすることになると、かなりのお得な感じになりますが、ローンを組むとなれば、ローンを売電金額で賄って、あとは電気代が安くなると言ったメリットがあります。

100万円以上の大きなお金になってきますので、無理をしないようにしてゆっくりとローンの返済をして行けば良いでしょう。

デメリットとして考えられるのは、設置することで一つのローンを抱えることになるということです。

住宅とは違い、お金を生み出してくれるので、プラスの出費ということになり、良い投資先だと言えるでしょう。

その変わりに言えることは、太陽光発電は毎月絶対にお得ではないということ、天気に思い切り左右されるということなどがあげられます。

プラスの月もあれば、マイナスの月もあると、割り切って考えられるようなら、設置しても気持ち良く太陽光発電システムを眺めていることが出来るでしょう。

デメリットとしては、故障した時や、自然災害が起きた時には設置したことが裏目に出るかもしれませんが、それは設置をすると決めた家の全てがそうなっているのです。

これから設置を考えている人がいれば、蓄電地の導入は必要になってくると思われます。

さらに言えるのは、オール電化にすることで節電と節約の二つが出来るようになるでしょう。

今の技術を考えると、まだ少し値段の高さが気になりますが、思い切って節約を兼ねて導入に踏み切りましょう。

ローンは、大手のファイナンスで借り入れすることが出来るので、工事も大手に頼むと事が早く運べるようになって行くでしょう。

良い借金をして、資産を増やしていきましょう。

長期的な目線が必要かも

太陽光発電を我が家に導入してみようか?と考えている家庭も多いかもしれません。太陽光発電は時間はかかるかもしれませんが、いずれは元の費用を回収して、以降は利益を生むこともできますから、投資の方法としても最近は利用されつつあります。

そんな太陽光発電ですが、実際に自分の家に導入しようと思ったときに当然費用面は考慮するはずです。そして、少しでも安いモノを導入したいと考えるのではないでしょうか?安い方が早く導入費用を回収できますから、都合が良いと考えるのは不思議ではありません。

ただ、それは正しいと言えるか?どうかは別なのです。たとえ太陽光発電の機器に関する費用や工事にかかる費用が安いとしても、その後の状況によっては案外高くついてしまうことがあるからです。

例えば、太陽光発電のモジュールが故障してしまうとか、頻繁にメンテナンスがいるとか、そういった費用が追加で発生することも考えられます。故障した場合やメンテナンスのときに必要な費用は、あまり導入時に検討しない家もあるかと思います。

費用面でいうと、どうしても初期費用のみに目が行ってしまいがちですが、導入後に発生する費用も当然考えていかないと、費用面での損得勘定はできません。初期費用は高くついても、製品自体がしっかりしていて、故障しない、メンテナンスはほとんどいらないとか、施工会社の技術がしっかりしているとか、そういったことが期待できるならば、あえて高い費用を払ったとしても長期的に見たら損をしているとは言えない場合もあるでしょう。

そして、発電効率という部分にも注目しないといけないですね。発電効率というのは、製品によっても違います。発電効率というのは、発電ができるスピードや量が違うということで、当然発電効率の高い製品は費用も高くなる傾向にあります。

だから、あまり選ばれないこともあるのですが、スピードや量が優れていると、費用を回収できるのも早くなり、たとえ導入時の費用が高いとしても、こちらも長期的に見たら費用はよりかからないといえるのです。

ここまで話してきてお分かりいただけたかと思いますが、やはりポイントは短期的ではなく長期的な目線で太陽光発電の費用を考えるということです。目先の費用にだけとらわれるのではなく、長い目で見てどれを選んだらより安くなるか?お得か?というのを考えて、これから太陽光発電のシステムを自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 太陽光発電について

  2. ママ友へ仕返ししたい

  3. ママ友はいつからタメ口にすべきか?

  4. セックスレス夫婦の実態

  5. 節約は計画的に、アプリもオススメ

  6. 私を人間不振にさせたママ友。

おすすめ記事

  1. AYAトレキットが発売しました!
  2. ママ友に無視される理由は?体験談から学ぶ&対処法を紹介
  3. 図々しいママ友への対処法2選と縁切り方法2選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る