menu
閉じる
  1. AYAトレキットが発売しました!
  2. 図々しいママ友への対処法2選と縁切り方法2選
  3. ママ友に無視される理由は?体験談から学ぶ&対処法を紹介
閉じる
閉じる
  1. 話題のまごチャンネルの解約方法を解説します。
  2. 大型・強力・幅広!な布団バサミを探したら完璧なのを見つけました!
  3. AYAトレキットが発売しました!
  4. セックスレス夫婦の実態
  5. ココナッツオイルは料理に使う以外に美容面でも様々に使えます。
  6. 断捨離ついでに節約!
  7. 節約は計画的に、アプリもオススメ
  8. キャベツを長持ちさせる保存方法
  9. にんじんを長持ちさせる保存方法
  10. ココナッツオイルの懐かしい味
閉じる

ママ友お悩み相談所

生活レベルを見極めるのが好きなママ友

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きっと子ども同士の接点がなかったら、一生付き合わないであろう人ともママ友としてお付き合いをしなければいけません。 ちょっと自分とは合わないなと気付いても、グループで仲良くなってしまうとなかなか抜けることもできませんし、 その行為が子どもの交友関係に影響してしまうことを考えると、なかなか親しくなったママ友と距離を置くのは難しいことです。

 



私は、頻繁に行く子育て広場で仲良くなった5人のママ友グループと仲良くなりました。 最初は広場で子どもを遊ばせながら、他愛もないお喋りをして、各々好きな時間に帰っていくという気楽な付き合いでしたが、 だんだん、誰かの家に集まってランチ会をするようになりました。

 
ランチ会は持ち寄り制で、それぞれが料理やデザートを分担して持ってくる約束なのですが、その持って来る品に影で文句を言うママ友がいました。
「○○ちゃんママが持ってきたデザートは安い」とか「○○くんママの持ってきたお料理は手が込んでいない」とか。

 
挙句の果てには、誰の洋服はいつも一緒とか家が狭いとか、旦那さんの職業がどうこう・・・とか。 人の生活レベルを色々と推測しては陰口を言う人だとわかってきました。

 



私はそんな言葉を聞くことがイヤで、距離をおきたかったのですが、子供同士がとっても仲良くなってしまい、それも出来ずにいます。 「そんなこと言わないほうがいいよ」とは、なかなか勇気がなくて言えませんし、子ども達が別々の幼稚園等に入るまでの辛抱だと半ば諦めてしまっているのですが・・・。

 
ママ友関係は、自分だけの問題じゃないので、非常に難しいと感じています。

関連記事

  1. ママ友からのお願いを聞いたのがトラブルの元

  2. 教育熱心すぎるママ友の悲劇

  3. 非常識なママ友とのとある出来事

  4. コンプレックスの塊、個人の価値観を押し付けてくるキチママ。

  5. 子どもの不登校から始まったママ友トラブル

  6. 子供同士の喧嘩に口を挟む親

おすすめ記事

  1. AYAトレキットが発売しました!
  2. ママ友に無視される理由は?体験談から学ぶ&対処法を紹介
  3. 図々しいママ友への対処法2選と縁切り方法2選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る